離婚,遺言・相続,借金問題などの業務を行う”栃のふたば法律事務所”

【主な対応エリア】栃木,東京,埼玉,千葉,茨城,群馬,神奈川

事務所概要

事務所概要

 

事務所の名称

 弁護士法人栃のふたば法律事務所(ベンゴシホウジントチノフタバ ホウリツジムショ)

設立日 平成29年6月1日(栃のふたば法律事務所は平成24年4月1日から開業)
所属弁護士

 小坂 誉(コサカ ホマレ)    登録番号:37810号

所在地  〒320-0827
  栃木県宇都宮市花房1丁目15番18号
営業時間   月曜日~金曜日  9:30~18:30
  土曜日(第2土曜日を除く)  9:30~12:30
休業日  日曜日、祝日、第2土曜日(※臨時休業→お知らせをご参照ください)
対応地域  栃木県内全域(※ご相談により日本国内全域を対応致します)
電話番号  028-635-3331
FAX  028-635-3332
e-mail  mail@tfutaba.com
URL  http://www.tfutaba.com
所員数

  弁護士1名        事務員3名

交通機関

<電車>東武宇都宮線 南宇都宮駅 (事務所まで徒歩15分) 

<バス>関東自動車 日星前 停留所(事務所まで徒歩1分) 

      JR宇都宮駅 

「のりば⑪の行き先番号31」 又は

「のりば⑫の行き先番号25」 から乗車

取扱分野 民事事件、企業法務、刑事事件、その他

 

地図

<地理>
当事務所は、国道119号線(東京街道)の不動前交差点から北に約300メートルの場所に位置しております。両わきには、宇都宮中央警察署の花房交番とトラック食堂があり、正面にはネッツトヨタ宇都宮の本社中央店があります。

<自動車>
当事務所は、敷地内に「お客様用の専用駐車場」(5台分)がございますので、お車でいらっしゃる方は当事務所の駐車場をご利用ください。外観(駐車場)

<電車>
電車でお越しいただく場合は、東武宇都宮線の「南宇都宮駅」で下車し、徒歩15分でお越しいただけます。

東武宇都宮線の「東武宇都宮駅」からバスでもお越しいただけます。

<バス>
バスをご利用の場合は、関東バス(宇都宮駅~西川田東)の「日星前」で降車し、そこから徒歩1分でお越しいただけます。

事務所紹介

 

会議スペース

会議室 当事務所の会議スペースは、1階にございます。
お客様にほっと一息付いていただけるような空間づくりを目指しています。
若葉色の椅子、温かみのあるウォールナット材の机、組木絵レリーフ等を会議スペースに配置しています。
山葡萄とふくろう 『山葡萄とふくろう』
会議室スペースの壁には、組木絵レリーフが2つ掛けられています。
組木絵レリーフには、丸みのある何種類もの木を使って描かれた絵で、栃木県芳賀郡茂木町にある工房「木の工房カフェレリーフガーデン」で作られています。
着色せずに、木の自然な色を活かしています。
左の絵には、クルミ、ミズキ、神代タモ、栗、朴、アガチス、ニヤトー、漆、メープル、欅、栓、ブラックウォールナット、シナ、タモ、チーク、アフリカンパドックが使われています。
ふくろうの丸み(ブラックウォールナット)が心をほっとさせてくれます。こちらの絵は小坂弁護士の恩師からの贈り物です。
 山葡萄とお月見うさぎ 『山葡萄とお月見うさぎ』
左の絵には、クルミ、ミズキ、神代タモ、朴、ナラ、ウエンジュ、桜、漆、欅、ニレ、タモ、樫、ブラックウォールナット、シナが使われています。
真っ白なウサギ(シナ)が、SL(ウェンジュ)を眺めている情景がどこか懐かしいです。お月様は、漆の木でできています。
工房の近くにある「道の駅もてぎ」からは、真岡鐵道を走るSLを見ることができます。
こちらの作品を工房まで受け取りにいった際、実際にSLを見ることができましたが、汽笛を鳴らしながら走って行く姿はなかなかの迫力でした。
積み木のように見えるのか、幼稚園児がたまにウサギをつまんで外そうとします。こちらの絵は、小坂弁護士の友人たちからの贈り物です。

 

 事務所ロゴ

栃のふたば法律事務所<ロゴに込めた思い>

皆さんは、「弁護士」という言葉に対してどんなイメージをお持ちでしょうか。たとえば、こんなイメージをお持ちではないでしょうか。

・人生の一大事でもない限り弁護士は必要ない
・特殊な事業でもしていない限り弁護士は必要ない
・自分の知り合いでもない弁護士が一生懸命になってくれるか不安だ
・こんなことを相談したら嫌な顔をされるかもしれない

たしかに、弁護士という言葉からは、トラブル、事故、裁判という言葉が連想されるのは否定できません。できればトラブルとは無縁な生活を送りたいと考えるのが普通だと思います。また、法律を正確に理解し扱うには特殊な知識と訓練が必要なのも確かであり、そのような難しい法律を扱う弁護士に気軽に相談する気になれないというも自然な感想かと思われます。しかし、法律とは本来、社会で暮らす全ての人のためにあるものだと思います。子供や大人、お年寄り、会社の社長さんやサラリーマン、いろいろな人のいろいろな人生のために法律は使われるべきだと当事務所は考えます。そこで、当事務所のロゴにはこんな思いを込めました。

・法律を身近に感じることができる
・誰でも気軽に相談できる
・子どもにも親しんでもらえる
・人々の暮らしに寄り添える
・人の心を大切にできる

 

お問い合わせ